• 木曜日, 2020年11月26日

トラックドライバーの労働環境と仕事内容について

Byadmin

2020年10月14日

トラックドライバーになるために必要な免許

まず、トラックドライバーになるために必要な免許は、大型自動車運転免許、または、中型自動車運転免許です。もちろん、大型自動車運転免許を取得しておいたほうが、受けられる仕事の幅は広くなると言えます。最近では、会社が資格取得のための費用を補助してくれるので、それを活用して必要な資格を取得すると良いでしょう。さらに、フォークリフトの資格を持っていると有利な条件で働くことが可能です。

人手不足が労働環境の改善に効果をもたらす

運送業においては、利用者の増加に反して人手不足が深刻な問題となっています。そのため、以前はキツイと言われていたトラックドライバーの仕事も、労働環境の改善が行われ、かなり働きやすくなりました。特に、長距離のトラックドライバーの求人では、労働時間が長くなる傾向が見られます。しかし、運送業界が労働環境の改善に力を入れたことにより、休息時間を十分に確保することができるようになりました。これにより、休むときはしっかりと休んでから次の仕事に取り組むことが可能です。

場合によっては搬入や荷卸しも任せられる

トラックドライバーが運転免許の他にフォークリフトやけん引免許があると有利だと述べた理由の一つに、荷物の搬入や荷卸しをすることを求められる事があるからです。特に、運送業界は人手が足りていないため、搬入から荷卸しまでをドライバー一人で行わなければならないこともあります。そんな時に、免許があれば一通りの作業を一人でこなすことができるので、これはかなり有利だと言えます。さらに、余裕があれば危険物取扱者免状があるとできる仕事が増えます。

トラックドライバーの求人は当人の運転歴が採用の可否を決める重要なポイントになります。運転経験もさることながら、無事故無違反であることが何よりも重視されると言えるでしょう。