• 金曜日, 2020年10月30日

職場探しに苦労しない必要とされている資格

Byadmin

2020年10月17日

あれば強いフオークリフト資格

フオークリフトの資格があれば働き先に困る事はまずないでしょう。物流倉庫や工場などで必要とされている業務がフオークリフトによる業務です。現在は物流業が拡大しておりフオークリフトの求人は絶える事はありません。

フオークリフトの作業はどのようなものでしょうか

物流業務全般において常にフオークリフトは必要とされています。例えば倉庫の入出庫でのトラックからの積み下ろしやトラックへの搬入があります。また倉庫内のピッキング作業や棚卸作業などです。倉庫内の製品の入れ替えやロケーション移動など様々な業務でフオークリフト作業は必要とされています。

フオークリフト資格の取得方法は

フオークリフトの資格、免許は最大積載荷重1トン未満と1トン以上で異なっています。1トン未満の場合、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」を受ける必要があり学科科目6時間、実技科目6時間を修了すれば事業所でフオークリフトを運転できます。1トン以上の場合は「フォークリフト運転技能講習」を受講し試験に合格して事業所でのフオークリフトの運転資格が得られます。

フオークリフトの運転スキルが重視されます

事業所が重視するのはフオークリフトを運転するフオークマンの運転スキルです。最初に職場で作業する前に物流倉庫では実際にフオークリトを運転させ運転時の安全確認ができているか、またネステナーからのパレットの上げ下げを行わせ運転の習熟度を確かめられます。ただ習熟不十分と見なされた場合でもOJTを行いフオークリフトの習熟度を高めていくように指導していく会社もあります。

フオークリフト業務のメリットデメリット

フオークリフト業務のメリットはフオークリフト作業における時給はない場合と比べて高いです。時給はない人に比べて1~2割高めです。
デメリットは特に物流業務全般に言えますが繁忙期は残業があります。

フォークリフトの求人は物流関係に多く見られますが、他にも倉庫や工場の求人に多い傾向があります。大量の荷物を効率的に扱う現場では作業車両が必須であり、結果的に求人が多くなるのです。