• 土曜日, 2021年6月19日

オペレーション設備をつくるプラントエンジニアの仕事

Byadmin

2020年12月29日

プラント工事はただの工場建設ではない

工場の建屋をつくる工場建設とは異なり、プラント工事は工場の中身である工場設備を設計し構築する仕事です。よく似た言葉ですが必要な知識や技術は異なり、プラント工事を行うプラントエンジニアは安全性を確保しながらオペレーションがより効率よく行われることに配慮して仕事をします。工場の床から天井までを工場の業務内容に合わせてデザインし、施工現場においては足場工事から配管工事、電気工事、溶接などの鍛冶工事まで、生産に関わるすべての建設を行います。完工後はオペレーションの確認やメンテナンスも抜かりなく行う、つまり工場が正しく稼働するために必要なすべてのエンジニアリングを担う仕事です。

プラントエンジニアに求められるスキル

プラントエンジニアといっても機械系、化学系、電気系、土木系と専門分野によって分かれ、それぞれに必要なスキルは異なります。言うまでもなく、機械工学、エネルギー工学、化学などの高い専門知識が必要ですが、それに加えて同様に高いレベルを求められるのがマネジメントスキルです。プラント工事は工場の稼働開始日までの時間との闘いです。限られた時間の中で、工場の効率化と安全性を保障する設備を構築するためにはエンジニアの業務全体の管理能力が必須です。工場もまたごみ処理などの環境系から食品系、医療系、化学製品系など種類は多様ですが、どの工場も事故の許されない重い責任を負うため、プラントエンジニアの責任も重大です。また世界のあらゆる国で仕事をする可能性が高い業種であるため、専門分野の英語スキルも必要になるでしょう。

施工管理の求人は、住宅の施工や建築、工事現場などで作業員として長年にわたり経験を積んだ人を対象としたものが多くあります。